Recommended if You Like
Dervish The Paperboys Lunasa

Genres You Will Love
World: Celtic Folk: Celtic Folk Folk: Celtic Fusion Moods: Mood: Dreamy Moods: Mood: Fun

By Location
United States - United States United States - Oregon

Links
facebook Hanz Araki Official Website

Hanz Araki

The path of a musician is often unpredictable. One wouldn't imagine that six generations of mastery of the Japanese shakuhachi would lead to a career in Celtic music, however that is exactly how it played out for accomplished flute player and traditional singer Hanz Araki. The son of Irish and Japanese parents guaranteed a household with a broad spectrum of musical influences.

His mother's family left Ireland in the early 20th century and traveled across the Atlantic; landing first in Canada and making a second long journey across North America before arriving in Seattle, Washington. His maternal grandfather's family are Campbells who settled the hills of Jackson Co., North Carolina, having left from Co. Tyrone in the late-18th century after having been displaced from Glasgow, Scotland decades before.

Hanz's father is shakuhachi grandmaster Tatsuya Kodo Araki, the fifth generation to inherit the name Kodo, one of the most important names in the world of traditional Japanese music. "Hanz" is short for "Hanzaburo," the name of his great-great grandfather who developed the notation used in shakuhachi music even to this day.

In April of 1988, Hanz began his apprenticeship with his father, to make his professional debut in August of that same year. Colleagues of his father likened Hanz's playing to Kodo IV, despite the two never having met. Hanz continued studying under his father, and taught at his father's alma mater (the prestigious Keio University in Tokyo), as well as making concert appearances throughout Japan. In 2009, in a private ceremony in Tokyo, the title of Kodo VI was conferred on Hanz as is customary in the tradition.

Upon returning to his hometown of Seattle in 1992, Araki and a group of close friends with a shared love of Irish and Scottish music started a band called The Whyos. The discipline, techniques, and mechanics he learned on the shakuhachi translated very well to the penny whistle and the Irish flute. Seattle being home to respected stalwarts like uilleann piper Tom Creegan and fiddler Dale Russ gave Hanz no shortage of guidance in his exploration of traditional Irish music. Celtic music became a single-minded focus, turning songs and tunes of Scotland, Ireland, and England into a second language. His uncanny grasp of Celtic music, both instrumental and vocal, quickly led to opportunities for touring across the United States and Canada, the UK, Spain, Thailand, Mexico, Brazil, and an annual tour of Japan.

In a career spanning twenty-five years, Araki, now a resident of Portland, Oregon, amassed an impressive body of award-winning Celtic music albums, including a series of seasonally-themed albums released in 2012 with fiddle and guitar player and vocalist Kathryn Claire. A project to collect, remix, and remaster recordings of his father, grandfather, and great-grandfather is also currently in production in Japan.

Festival appearances include the Austin Celtic Festival, the Maine Celtic Celebration, the Missoula Celtic Festival, KVMR Grass Valley Celtic Festival, Milwaukee Irish Festival, Bumbershoot, Celtic Connections, and over 20 years of performances at the Northwest Folklife Festival. Hanz has also been invited to perform with the Seattle Symphony, at the Gates Estate, and for the Japanese Consul General.

ミュージシャンの未来は、予測不能なことが多い。
六世代にわたる尺八の熟達した技が、ケルト音楽へのキャリアになることなど、予想だにしない。
しかしこんなことがまさに起こっているのだ。熟練したフルートプレイヤーであり、伝統的な歌を歌うシンガー、ハンズ・アラキには。

日本人の父とアイルランド人の母を持つ彼は、幅広いジャンルの音楽の影響を持つ家庭に恵まれた。
彼の母方の祖母はアイルランド伝統音楽のメッカ、ケリー州ディングルに生まれ、彼の母親とともに大西洋を横断した後、まずはカナダに落ち着いた。そして、次の北米を横断する旅の果てに、ワシントン州シアトルにたどり着く。そこで彼女は、夫サムエル(メイヨー州アキル島出身)と出会う。サムエルは、アイリッシュ・コスト・ガードでのポストを終えて、一人残留しているところだった。
ハンズの母方の祖父の家系は、何十年も前にスコットランドのグラスゴーから移住した後、18世紀後半にティローン州からノースカロライナ州ジャクソンの丘陵に居を構えたキャンベル家である。
ハンズの父は、荒木タツヤ鼓童といい、五代目鼓童を襲名する、日本の伝統音楽界屈指の尺八奏者である。
「ハンズ」とは、「半三郎」を短くした愛称で、今日でも尺八の演奏に使われている記譜法を開発した、彼の曾祖父の名前である。

1988年4月、ハンズは父鼓童の弟子となり、同年8月にはプロとしてデビューを果たす。
彼の父親の演奏仲間は、ハンズとは面識が一度もなかったにも関わらず、彼の演奏を六代目荒木鼓童に生き写しだとみていた。
ハンズは父のもとで勉強を続けながら、父の母校(名門慶応大学)で教鞭を取り、また、日本各地でコンサートを行う。
そして2009年、東京で開催されたプライベートセレモニーで、彼に六代目荒木鼓童の襲名が、伝統的なしきたりに則して行われた。

1992年、故郷のシアトルに戻ると、彼はアイリッシュやスコティッシュ音楽が好きな仲間と一緒に、バンドWhyosでのかつどうを開始する。彼は、尺八の練習、技法、構成をティンホイッスルやアイリシュフルートに巧みに取り込むことを学んだ。イーリアンパイプス奏者のトム・クリーガンやフィドル奏者のデイル・ラスといったシアトル在住の大物アーティストらが、ハンズがアイルランド伝統音楽を模索するのに、惜しみない協力をしている。
ケルト音楽にフォーカスするようになり、彼にとって、アイルランド、イングランド、スコットランドの歌や曲が第二の言語になった。歌、演奏とも、彼のケルト音楽への呑み込みの早さによって、アメリカ、カナダ、イギリス、スペイン、タイ、メキシコ、ブラジルへのツアー、そして年に一度の日本ツアーが即実現したのである。
25年のキャリアを経て、現在オレゴン州ポートランドに住んでいるアラキは、v印象的な作品を集めた。その中には、フィドル及びギター奏者でありボーカルのキャスリン・クレアとともに2012年にリリースした、季節のテーマをもとにした一連のアルバムも入っている。彼の父親、祖父、曾祖父の作品の収集、リミックス、リマスターするプロジェクトが、現在日本で行われている。
フェスティバルへの出演は、オースティン・ケルティック・フェスティバル、メーン・ケルティック・セラブレーション、ミズーラ・ケルティック・フェスティバル、KVMR・グリーンバレー・フェスティバル、ミルウォーキー・アイリッシュ・フェスティバル、バンバーシュート、ケルティック・コネクション、そして20年以上出演しているノースウェスト・フォークライフ・フェスティバル等。また、ゲーツ・エステートのシアトル交響楽団との共演や、日本総領事館での演奏にも招待されている。