Serge Forté Trio | La Vie En Bleu

Go To Artist Page

Recommended if You Like
Keith Jarrett Michel Pettrucciani Oscar Peterson

Album Links
Official Website Serge Forté's group on Facebook For the radios! MySpage Page Page on Indie 911

More Artists From
FRANCE

Other Genres You Will Love
Jazz: Piano Jazz Jazz: Contemporary Jazz Moods: Type: Acoustic
There are no items in your wishlist.

La Vie En Bleu

by Serge Forté Trio

Arrangements for jazz trio on great French songs, recorded on the exceptionnal Fazioli piano
Genre: Jazz: Piano Jazz
Release Date: 

We'll ship when it's back in stock

Order now and we'll ship when it's back in stock, or enter your email below to be notified when it's back in stock.
Sign up for the CD Baby Newsletter
Your email address will not be sold for any reason.
Continue Shopping
just a few left.
order now!
Buy 2 or more of this title and get 10% off
Share to Google +1

Tracks

Available as MP3, MP3 320, and FLAC files.

To listen to tracks you will need to either update your browser to a recent version or update your Flash plugin.

Sorry, there has been a problem playing the clip.

  song title
share
time
download
1. La Chanson des Vieux Amants
Share this song!
X
13:19 $0.99
2. La Vie en Rose
Share this song!
X
10:49 $0.99
3. Je m'suis fait tout p'tit
Share this song!
X
8:06 $0.99
4. Que reste-t'il de nos amours
Share this song!
X
8:18 $0.99
5. La Javanaise
Share this song!
X
6:35 $0.99
6. Les feuilles mortes
Share this song!
X
15:03 $0.99
7. Syracuse
Share this song!
X
8:31 $0.99
preview all songs

ABOUT THIS ALBUM


Album Notes
( See Serge Forté's bio and presentation in Japanese hereunder)

Here is the first cd released by the label Ella Productions, LA VIE EN BLEU, from too rare pianist Serge Forté, recorded in 1992, in a mood of complete spontaneity and improvisation, with contrebassist Claude Mouton and drummer Laurent Robin, on the exceptional piano FAZIOLI .

A real desire to record on this amazing piano ,
love a first sight for Serge Forté.
A true challenge, to take seven songs from the greatest classics of the French Song and to dress them up in Jazz (the original tunes from Brassens, Brel, Gainsbourg, Montand, Piaf, Salvador and Trénet).
The recording conditions were extreme :

with only two digital tracks and no safety net,
the musicians positioned without seeing each other, because the place, a piano shop, was not supposed to become a studio, and the other pianos start resonating !
the bassist was in the workshop, the drummer in the office upstair, all playing with headphones,
and only having three hours to record the whole thing !
And what’s more, it was the first time these artists were performing together.…
The resulting record is an osmos, reaching beyond magic and time.
And then there was nothing, the recording remained buried in drawers for many years, until it was recently remastered with the help of Studio La Buissonne, then the decision in September 2001 to build the label Ella Productions, so you have now this opportunity to meet Serge Forté, an exceptional virtuoso pianist, so in love with the melody and colorful harmonies.

Melodieにトリオ作品を残していた、故M・ペトルチアーニとも親交のあったフランス人ピアニストのトリオ演奏集。演目はフランス製のポピュラーな名曲中心。エヴァンス・トリオやキースのスタンダーズの成果を踏まえた、エレガントにしてダイナミックな(インタープレイ色充分の)耽美派演奏が紡がれる爽快内容。堅く尖ったタッチで、弾力感にも富んだ流暢な歌曲的メロディーを唄い上げてゆく主役pの勇躍が快調。→勢いのいい軽快なフットワークを示した、マイルドで優しい、親しみやすさ抜群のフレージング・センス(精魂こもった迫力ある歌いっぷりである)は好感度大。振幅烈しい跳躍的パワーと俊敏さに長け、随所で饒舌なメロディストぶりをも発揮するb者の助演が好敵手然と光っており、また、残響を活かしてヒンヤリとした冷涼な空気感を演出する録音意匠も中々の魅力。清々しく青嵐が吹き抜けるような、フレッシュな味わいの逸編。

La Vie En Rose,Les Feuilles Mortes,La Chanson Des Vieux Amants,Syracuse他全7曲収録

プロフィール
Serge Forte(セルジュ フォルテ)
Jazz ピアニスト、作曲家、編曲家。1960年5月1日チュニス生まれ。

クラシックピアノを学んだ後、18歳でJazzと出会い、むさぼるようにあらゆる有名ミュージシャンの演奏を聴くようになる。クラシックピアノを教える傍ら、地方のグループで演奏活動を続ける。
1988年から1990年の間、パリのCIM(Jazz音楽学校)で教え、その後ラテン色の濃い《VAINA》を録音する。そこにはボーナストラックとしてMichel Petrucciani
とのデュオも録音されている。このPetruccianiの参加によってメディアの前にも姿を現すようになる。ポワチエでのMiles Davisの前座、ハイネケンフェスィバルで
の Stan Gets、Petruccianiの前座etc...
1992年には、フレンチシャンソンの名曲を取り入れた《La Vie en Bleu》を、
1994年には《Mosaique》を録音。それからOscar Peterson, Thelonious Monk, Erroll Garner, Bill Evans, Keith Jarrett, Phineas Newborn, Lennie Tristano
らを模索するようになり、最初好んでいたラテン音楽からは遠ざかり、テクニックやハーモニーを更に深めるようになる。
2003年、アルバム《Jazz'in Chopin》発売。このアルバムでは、ショパンのメロ
ディーがJazzスタンダード曲として取り扱われます。その結果、クラシックとJazzには実質的境界線がないことが明らかに感じられます。パーカッショニストMino Cineluとニューヨークで録音された《Thanks For All》は、ロマンティック音楽、
スウィング、グルーヴ、ラテン音楽同様、影響を受けた全ての偉大なミュージシャンに多大な敬意を表したものです。
Serge Forteは、ビッグアーティストSheila Jordanの最新アルバム《Believe in Jazz》において、彼女のトリオと共に演奏できたことを誇りに思っています。
Believe in Jazz,そのタイトルには現役の偉大なJazz Vocalのうちの一人の歴史が
要約されています。アルバム《La Boheme》は,《La Vie en Bleu》の流れで、
しかしAlain Chamfortらボーカルゲストを迎えての作品で、遺産としての
フレンチシャンソンに対するとても個人的な見解を表現しています。


Reviews


to write a review